ソーラーパネルとは?カテゴリの記事一覧

ソーラーパネルとは?

ソーラーパネル(太陽電池)は、性質の異なったP型とN型の半導体物質を張り合わせて作った薄い板型の構造をしており、ソーラーパネルの表面に光が当たると、半導体間に起電力が生じて電流が流れるようになっています。
ソーラーパネル(太陽電池)は、この半導体の特性を利用して電気を発生させる発電装置です。

ソーラーパネル(太陽電池)は、他の発電機と違いモーター等の稼動部分が無いため、比較的メンテナンスが不要で、耐久性も高く、寿命が非常に長いのが特徴です。

しかしながら、一般的な発電機と違い、発電量がソーラーパネルの面積に比例することもあり、大きな電力を安定して供給するためには、大きな面積を必要とします。
また、夜間暗くなる時間帯は、発電能力がほぼゼロになることも、特徴です。

今後は、自然エネルギーや太陽光エネルギーの利用を中心とした社会に移行してゆくでしょう。