太陽光自動追尾装置

ソーラーパネル(太陽光発電)は、太陽の光を受けて発電するため、太陽に向かって垂直に設置するのが好ましわけですが、固定式にしているため、常に最高のパフォーマンスを出しているわけではありません。

そのため、太陽光を自動で追尾する装置を併用して、常にソーラーパネルが太陽に向くようにすれば良いのですが、太陽光自動追尾装置が高価なのが難点です。

現在は、太陽光自動追尾装置をつける方が、コストパフォーマンスが悪くなるために、多少のエネルギーロスはしょうがないという考えでしょう。

また、太陽光自動追尾装置のような稼働装置をつけることによる、故障率の増加や、メンテナンスのコストも負担です。

そんなこともあり、ソーラーパネルと太陽光自動追尾装置の併用は、今度とも無いだろうなと思われます。


常に太陽を追う装置なんて、格好良いんですけどね。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5775767

この記事へのトラックバック