ソーラーパネルの利用

一般的なソーラーパネル(太陽電池)の発電量は、日本国内での平均的な有効日射時間である、1日あたり3〜4時間程度とした場合、1平方メートルあたりの太陽電池は、300〜450ワット/日程度の発電量が期待できます。

しかしながら、設置場所の問題(日影や、太陽電池の表面の汚れ、設置角度)や、様々なロス(送電ロス、バッテリーへの充放電ロス)、インバーターの電力変換効率などの要因により、実際に利用可能な電力量は、その半分くらいとなるのが一般的です。

■メリット
・耐久性が高く、寿命が長い
・発電時に石油等の外部燃料を必要としない
・クリーン、静か

■デメリット
・発電出来るコンディションが、日中のみである。
・発電量が天候に左右される
・大規模発電では、広い設置面積が必要。