ソーラーパネルの構成

実際にソーラーパネル(太陽電池)を設置する際には、以下の2通りの構成での運用が一般的です。

■独立電源システム

発電した電力をそのまま自家消費し、電力会社からの電力補給を受けずに運用する、自給自足的な運用形態。



■系統連係システム
発電システムが商用電力と電気的に接続されており、発電した電力は自家消費するとともに、電力が不足する際は、一般家庭と同様に電力会社から電力を購入する運用形態。また、電力が余った場合には、電力会社に買電することも可能。